茨城支部
未来ユニット
1年の夏にドットジェイピーに入り、茨城支部の代表を1年間務める。現在は未来事業部のリーダーとして、未来自治体の営業や運営に従事している。

インターンシップを通じてカッコイイ大人に出会うことができた

議員インターンシップの活動をする中で、市の職員と関わる機会がありました。最初は、行政の方々は機械的に仕事をしているとイメージがあったのですが、決してそのようなことはなく、その自治体の将来に危機感と愛着を持って仕事をしていると知り、その人がカッコイイと感じました。インターンシップを通じて、議員の考え方だけではなく、行政の立場の人の意見や姿勢も学べるところに惹かれて、運営スタッフに興味を持ちました。

 

未来でありながら、実際に行政に反映される政策コンテスト

私はインターンシップ事業とは異なる未来事業のリーダーを務めています。自治体が30年後抱えるであろう課題や問題点について、未来を担う若者が自治体の理想像とともに解決策を考える政策立案コンテストの運営をしています。具体的には、全国の自治体にこのコンテストの営業に行ったり、開催が決まった自治体と共同して参加者のフォローをおこなったりしています。

未来自治体で発表された考えは、その市の総合計画に反映されることもあるため、未来性と現実性を持たせることが重要です。自治体が求めている政策や市の課題をどのようにして参加者に考えてもらうのか、私たちも明確な答えが分からないので大変ですが、コンテストで堂々と発表する姿やその発表に感心する行政の方々を見ると、やってよかったと感じます。

また、1度開催した自治体で再びコンテストを開催することを依頼されたときや、過去の参加者が、その自治体の職員になったことを知ったときに、このコンテストの意義を再認識しました。

 

リアルであり本気だからこそ、当事者として活動している

ドットジェイピーには、話しあったことをそのまま行動することができるという良さがあります。机上の空論ではなく、どうすれば参加者が満足してもらえるのか。自治体にとって価値あるコンテストになるのか。チーム全員で議論し、行政も巻き込んだ形でコンテストを作り上げることができます。立場や価値観が異なる人と話すので、意見の対立も多々ありますが、それだけみんなが本気であることを実感します。

インターンシップをしてカッコイイと感じた行政の方々と同じ目線で活動する機会があり、スタッフをしていることで自分もその方に近づいていると思います。

 

 

一覧に戻る